壊れかけたスニーカーで歩き続けた結果

先ほどお風呂場で自分の爪をみてみると、見事に割れていました。。

 

間違いなく原因はスニーカー。

 

底がパカパカになってサイドの生地も若干破れている状態でしたからね。

いくらお金がないからといっても買い換えればよかったと今では後悔してますよ。。
今日で3年間履き続けたFILAのスニーカーともお別れです。


明日ABCマートとすずちゅうあたりで新しいスニーカーを物色してみるか。

それと、爪の具合がちょっと心配。


以前陥入爪で悩んでいた時期があったので、また再発するのが怖くて。


巻き爪から進化して陥入爪になったパターンなのですが、今回もその可能性があるんですよねぇ。

その時は深爪が原因だったんですが。


爪が割れると必然的に深爪をしなくてはいけませんからね。
うーん、これは爪が伸びるまで巻き爪矯正グッズを装着し続けるしかないかな?

 

幸い前回の治療の際に使っていた治療グッズが残っているので。


こちらのサイトを参考に>>巻き爪治療矯正グッズ-自宅で自分で出来ちゃいます!

少しずつ様子をみながら判断を下したいと思います。
それにしても自分のケチっぷりには自己嫌悪しますねぇ。


物がボロボロになって壊れるまで捨てられない性格。

それが私なんですよ。
うちのお母さんもそうだったからたぶん性格的な遺伝なんでしょうねぇ。


物持ちが良いといえば聞こえはいいけど、それが過剰になるともはや欠点ですよ!

壊れた状態ではその物のパフォーマンスも充分に発揮できないから結果的に満足度は低いはず。


それを理解できていない自分が情けないですわ。

 

これからは自分の捨てられない性格を考慮して、物を買い換えたりしたいです。