ノートPCを新調したらイヤホンから聞こえてくる音質が段違い

ハードのスペックでここまで音質が変わるもんなんですねぇ。
ワタシ的にはこれまでイヤホンが音質の鍵を握ると思っていました。


再生プレーヤーなんてのはどれもある程度性能あるもんだと。

この度3年2ヶ月ほど使用したノートパソコンを買い替えたんですね。


レノボ・ジャパンのThinkPadなのですが、E420からT450sへのグレードアップ。
値段的には3倍以上しましたけど、仕事で使うのでここはケチれない所。

 

まだ使い始めて5日目ですが、スペックや質感はやっぱり高いだけあって満足度高いですねぇ。


んで冒頭にも書きましたが、音質の違いにびっくりしました!
スピーカーで聞いてもイヤホンで聞いても音質がめっちゃクリアで聴きやすい。

 

いつも聞いているラジオ番組のパーソナリティの声もちょっと違って聞こえるくらいの差ですね。


こっちが本来の声なんだなぁと思うと感慨深いものさえありましたよ。
同時にこれまで聞いていた音はなんだったのかと。

 

PCに入っている音楽を聴いても以前は聞こえなかった音が聞こえますからね。
これは改めて音楽に目覚めてしまうかもしれん・・・。


このハードの音質性能を活かすためにももうちょっと高いイヤホンかヘッドホンの購入を検討中です。

 

音が変われば世界が変わる、なんか大げさですがそんな事を実感できた良い機会でした。